猫カーニバル 9月・10月・11月 開催決定!出店者募集中

猫アレルギーの猫カフェ店員

いつもご来店頂きありがとうございます。

最近、お客様から猫アレルギーのお話しをよく伺います。
今から40年ほど前までは珍しい症状でしたが、猫に限らず花粉や食物アレルギーの方も多くなってきているようですね。
ブリーダーもしておりますので、家族に猫アレルギーが出たとか、試しに猫カフェに来たが大丈夫だった。
という話しもよく聞きます。
一般的に、猫アレルギーの原因は「毛」そのものでなく、皮脂や唾液だとも言われておりますので、当店の猫スタッフは、長毛種で2週間に1回短毛種で1ヶ月に1回を目安に、シャンプーをしております。

鼻がムズムズする、くしゃみが出た。という軽度の場合はPM2.5対応のマスクを準備しておりますので、念のためスタッフまでお申し付けください。
なお、これはあくまで「念のため」のものであって、
猫アレルギーの方は自己責任でお願いしております。

スタッフのY君も、猫アレルギーです。
店内に入る前はお薬を飲んでからマスクをして入ってきます。
たまに忘れて入ってしまうと、全身の発疹から呼吸が苦しくなるようです。
彼は、自宅でも猫を飼っており、最近は日本で1・2を競うグルーマーさんからグルーミングの勉強をしております。
仕事が済めばすぐに帰ればいいのに、椅子に座ってチョビ君を膝に載せたりするほどの猫好きです。
そこまで好きなのに「猫アレルギー」とは可哀想ですね。

開店当初は、大量に出る猫の毛で猫毛フェルトのチャームを作ったり、猫のひげが金運を呼ぶとかで、ご希望の方には差し上げたりもしておりました。
しかしそれをつけて電車に乗られたりしたとき、そばの方がアレルギーがあれば大変なことになるので作成はやめました。

世の中にはいろんなアレルギーがあり、店主の家族も「そばアレルギー」がいました。
そばのアレルギーは命に関わるほどの症状が出るようです。

allergymark_big
03132019

最近子供さんがアレルギーがあって、周りに理解してほしいとのことで、
「アレルギーっ子の旅するサイト」では、アレルギーがありますのマークの啓発運動をされております。マタニティマークのように皆が理解できる世の中になればいいですね。

基本は食べ物のアレルギーですが、アレルギーがあると言うことでもしもの時に役立つかもしれません。
当店も許可して頂き、本日、缶バッジができあがりました。

ご希望の方には差し上げておりますので、お申し付けください。

当然、Y君にもつけてもらいます。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました