猫カーニバル 9月・10月・11月 開催決定!出店者募集中

仔猫のワクチン お客さまからのプレゼント

いつも御来店頂き、ありがとうございます。

猫は1日の睡眠時間が17時間から22時間です。
ほとんど1日寝て過ごします。ですからペットとしても飼いやすいんでしょうね。
もともと、「寝子」がなまって「ねこ」と言われてるそうです。
猫スタッフ達がまったりと過ごしてる中で、スモモちゃんとチョビ君が、棚をじっと見ていました。

そのシルエットが、ねこらしい綺麗なシルエットだなと思いました。

この子達は人間のみえない「何か」がみえてるようですね。

さて、本日、チビロシ達のワクチンでした。

ワクチンというのは、その病気の病原体などを無毒化・弱毒化した薬液を打つことによって、その病気に対する免疫力を得ることです。
よく、「うちの子は外に出さないから、ワクチンは不要」という意見を聞きますが、外から帰った飼い主さんの服や体にも菌は付いておりますし、空気感染する病気もあります。
犬の狂犬病ワクチンのように(狂犬病予防法)猫は接種が義務付けられてるわけではありませんが、 ワクチンを打ってると、猫風邪に感染しても軽くて済むことが多いようです。
ワクチンの種類は、主に3種・5種・7種とあります。
 ① 猫ウィルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウイルス感染症)
 ② 猫カリシウイルス感染症
 ③ 猫汎白血球減少症〈猫伝染性腸炎)
 ④ 猫クラミジア感染症
 ⑤ 猫白血病ウィルス(FeLV)感染症
 ⑥ 猫免疫不全ウイルス感染症(FIV、猫エイズウイルス)
 ⑦ 狂犬病
①②③が一般的に3種と言われているものです。
重篤化しやすい病気でかかる猫も多いので基本( コアワクチン )となっています。

以前は首の後ろにするのが多かったですが、ワクチンを打ったところから癌が発生した事が報告されたりして、最近では、後ろ足の太ももが多いですね。

待合室。
猫はキャリーに入れて連れて行く方が落ちついてくれます。
逃走の予防にもつながります。
ついでに前回妊娠中で行けなかったアリアちゃんとカノンちゃんも一緒に行きました。

こちら、山ちゃん動物病院では、猫と犬の診察室・待合室が分離していますので安心です。

実は、小学校の時野犬に襲われて、大変な思いをしましたのでいまでも、犬や猫の半開きの口から中の歯がみえるとぞっとします。吠えられたら、当時のことを思い出します。
ワンちゃんもかわいいんですけどね。

初めてのお出かけ。
お母さん兼乳母のアリアちゃんが一緒に入ってるので、皆おとなしくそのうち寝てしまう一幕もありました。

3頭とも、触診・聴診(心雑音)・便検査、異常なしででした。

お医者様が、午後診の前に、特別に時間を割いてくださったので早く済んで助かりました。
ありがとうございました。
外に出ると診察前なのに、もう、わんちゃんが3頭来てました。

これで育児も一段落ですね。

病院から帰ってきたら、いつもの箱で一休み。

カリンちゃんの上に乗ってるルナちゃん。

お顔が外に出てました。ロシアンスマイルがかわいいですね。

3頭とも、人なつこい素直な子達に育っています。

店主の膝の上で遊ぶ、仔猫たち。
3頭一緒に遊んだり、走り回ったりしても、自分のお母さんがわかってるようです。

アリアちゃんとカリンちゃん親子。

スマホでメールチェックをしてると、そばに来て寄り添い、そのうちにウトウトはじめた黒いちゃんです。

男の子は、本当に甘えたさんでかわいいですね。

さて、お客さまからのプレゼント。

パパのマイケルにそっくりな小太郎君とママのサラちゃんにそっくりな姫子ちゃんです。
特に姫子ちゃんは、サラちゃんと見間違うほど。
色の白いサラちゃん、と思ってしまいました。

こうして、成長したところを知らせてもらえて、本当に嬉しいです。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました