4月のみのお猫カーニバルは中止となりました

岩波書店 サイエンスライブラリーに記載して頂きました。

いつも御来店頂き、ありがとうございます。

年に何回か、猫の調査にみえられてるCAMP様(京都大学心理学研究室)ですが、
ブログはこちら
facebookはこちら


今回、そのメンバーの高木佐保様が、岩波書店のサイエンスライブラリーから出版されました。
岩波書店 しりたい!ネコごころ「ニャン学ことはじめ」
一般的に犬の研究は進んでいるのですが、猫は、なかなかデーターがとれずに研究が出来にくいようです。ネコはこんなに可愛いのにね。
「調査に協力頂いた」とのことで送ってきてくださいました。

「猫の心理学」というとなんだか堅苦しい気がしますが、猫はどう考えるか?というようなことを「データ」を取って立証していくようです。

中でも興味を引いたのは、
猫の調査をしようにも、一般の家で飼われてる猫は、知らない人間が家に来ると閉じこもって出てこないので調査にならなかったり、野良猫はそもそもそばに寄ってきてくれないと言うことです。
なるほど。
当店の猫スタッフ達は、日々、知らない人間に接しており、警戒心は全くゼロ。
見事に書かれていますね(笑

「食欲旺盛なネコちゃんがたくさんいる甲子園口の猫カフェ。」
そういえば、当時、「おやつは喜んで食べますか?」と訪ねられた記憶があります。

ネコを相手にこんなに長い間データを取ってらしたとは思いも寄りませんでした。

猫カフェは、データーが取りやすいそうです。

後書きにも書いてくださっています。

学生時代から一杯読んだ岩波書店の本に、当店の名前が載り、本当に嬉しいですね。


CAMP様のおかげで、サラちゃんの写真がワシントンポストに載ったり、出張猫カフェで京都大学の講義室に入ったり。
いろんな経験をさせて頂いてます。

もっともっと、ネコの研究が進んで、ネコの医療が発展するといいですね。

いつものようにロッカーを開けたビアンちゃん。今日は中に入りました。
娘の桃ちゃんが様子を見に来ました。

珍しく、お客さまのお膝で寝るトラさん。こうして甘えてくれると可愛いですね。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました